読書感想「ミレニアム2 火と戯れる女」「3 眠れる女と狂卓の騎士」

ビュルマン弁護士は、リスベットに復讐を企てていた。
彼女の弱みを探している最中で、リスベットの出生と幼年期に受けた虐待を知り、
それを利用しようとするが、眠る蛇を起こすが如く、事態は彼の収拾の付かない方向へと転がり出す。

ミレニアムシリーズ全巻読みました。
あまりに面白くて、読み終わるのが惜しく、作者が4巻の執筆途中で亡くなったのが、
悔やまれて仕方ありません。
でも一応3巻で、一連の事件の決着は着いているので
(「イタズラなKiss」みたいに、すごい半端なところで終わっているわけではない)、
今から読まれる方も安心していただきたいです。
もし2巻で終わってたら、我慢できず降霊会を開くとこだったよ。ふう。

1巻の孤島密室トリックとは、がらっと趣が変わり、戦後の政治の移り変わり、
政府の思惑や、警察内部の闇、法廷闘争など、社会的な色が強くなり、
作者の引き出しの多さを感じさせました。
ジャーナリストという作者の本職が、良い方向に反映されていて、描写にも説明にもリアリティがありました。

リスベットが、今までどんな苦難に一人で耐えてきたのかが判明し、
彼女の味方であるミカエルたちが、リスベットを救うために奔走します。
作家が、悪に対して断固とした姿勢を持っているから、伊坂作品のように、
どの悪党もちゃんと報いを受けるので、安心してみていられる。

リスベットの強さを感じて、最後の展開は胸が熱くなった。
世の中の女性が、すべて幸せでありますように!

ネタバレ
・ミッケの女癖の悪さは最後まで健全ですが、リスベットが彼への想いを断ち切った後、
 きっと最終巻までにはミカエルのほうが、リスベットに惚れたに違いない。
 それで、今までの自分のしてきたことに気づいて、苦悩するに違いない。
 リスベットは、安心して眠れる場所を、遂に手に入れるに違いない。
 私の最終巻予想です。
by moonish2 | 2012-11-27 13:10


生活に潤いと幕末があればそれでいい


by moonish2

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

重要なお知らせ

本館が引っ越しました。
新アドレス
http://moonish3.web.fc2.com/

お手数ですが、リンク先の変更をお願いします!!

その他のジャンル

ブログパーツ

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
歴史

画像一覧