<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

映画感想「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

主人公パイはインドで動物園を経営しているお家の子供。
ある日、トラのリチャードパーカーがやってくる。トラに魅了されたパイはなんとか友達に
なりたいと考えるが、その獰猛さを目の当たりにする。
その後、動物園を売却してカナダに移住する航路で、嵐にあい、パイはリチャード・パーカーとともに漂流することになってしまう。

始まって数分で「あ、この映画は当たりだ」と久々に感じた作品。
最後まで見ても、もちろん当たりでした。
鮮やかな色彩の美しい映像、寓話的なストーリー、水の描写。
漂流、とタイトルにはあるけど、サバイバルものでは決してないです。
まるで神話みたいな、作為的な展開で、終わった後で「あ、あれは伏線だったんだな」と考えさせられる。
色々書きたいけど、全部ネタバレになってしまうというジレンマがあるので、ぜひ他の人にもすすめたい。
トラはほぼCGだそうですが、どのシーンでも気高く美しかったです。

以下ネタバレです

最後のシーンが来るまで、パイにとっての実話だと疑わなかったんだけど、
「トラは君だ」のセリフで、全部がつながって、ぞっとしました。
オランウータン(母)が殺されるまで、トラが姿を現さなかったわけ。
「リチャードパーカーがいたから、僕は生き延びられた」というセリフ。
嵐(神)の暴風に、トラが怯えていた理由、そしてそのあと衰弱した理由。
陸に辿り着いたとき、肉食である自分と決別したから、今のパイはベジタリアンなのであって、
冒頭で「ベジタリアン料理は平気?」と聞いていたんだなぁとか。

でも私も、作家の言うとおり、トラの話のほうが美しいと思う。
きちんと現実を受け止めている、パイの強さを、最後にものすごく感じた。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-27 20:37

どうしておなかがへるのかな

仕事で打ち合わせをしているときに、尋常でないボリュームでおなかが
ぐーーーー
となってしまい、咳払いでごまかせるレベルじゃなかったので、
「失礼しました」と謝ったら、打ち合わせ相手の女性に「大丈夫ですか」
と普通に心配された。

そして打ち合わせが終わった後に、彼女が追いかけてきて、
「あの、、よかったらこれどうぞ」
とお菓子をおそるおそる差し出された。
「ありがとうございます」と笑顔を返したけど、私の魂は恥ずかしさで悲鳴を上げて
きゃーーーーと逃げていきました。orz
[PR]
by moonish2 | 2014-02-26 20:39

職業に貴賤はあるの?

美容師の友人が、結婚しようと親にまで紹介してた恋人に振られたのですが、
その理由が親に「美容師は地位の低い職業だからダメ」と反対された。
というもので、い、いまどきそんなこと言う人いるの?とびっくりした。
しかもその人の弟さんも美容師で、同じ理由で結婚がダメになっている。
もちろん、それだけが理由じゃなくて、きっかけにすぎないのでしょうけど。

じゃあなんなの、地位の高い職業って?公務員とか?
どう地位が高いの?何の基準で?はっきり説明して。

と短気な私は言いたくなる。
仕事をしていないならまだしも、自分の仕事をきっちりこなしてプロとして頑張っている人に、
言うセリフでは決してないと思うのだけど。
本人にも、その親御さんにも失礼すぎる。

仕事はどんな仕事も平等に大変で、お金を稼ぐのは楽じゃないって私は思ってる。
みんなみんな、悩みながら頑張って仕事してるのに。
当たり前のことなのに。あー腹立つ!
[PR]
by moonish2 | 2014-02-24 17:42

少年アシベのブラックとピュア

少年アシベの原作を友達に薦められて読んだら、すごく良かった。
大人向けのブラックなジョークと、ゴマちゃんのもふもふ癒し感の配合が絶妙。
ヒマラヤに引っ越しちゃうスガオくんって、そういえばいた!とか、
アシベは庶民だけど、実はおじいちゃんはお金持ちの社長だった!とか、
忘れていた記憶が読んでいたら蘇ってきた。

スガオくんはアシベのことが大好きで、ヒマラヤで出会ったイエティーはスガオくんのことが好き。
という見事な愛情の一方通行なんだけど、その愛情が何か見返りを求めるようなものじゃなくて、
ただそばにいたくて、一緒にいたらにこにこしてる類のもので、
ピュアだなぁーと少しほろっときた。
ブラックな中のピュアさがすごく光る感じ。

サイドストーリーで、いろいろなキャラの話が進行していくんだけど、その中で、
コート一枚しか着ていない変態風のおじさんがいて、
女の子がピクニックしてたらコートの中からケチャップを出して貸したり、
寒い日にはコートを貸してあげたりしていたら、その女の子がおじさんのことを好きになってきて、
変態ファッションも気にならなくなり、新しいコートをプレゼントする話があるんだけど、
私はこの話がなんかすごく好き。いい話だと思った。
(文字ではうまく説明できなくて、私も変な人みたいですが)

初期抱き枕ともいえるゴマちゃん人形、私も持っていて、その肌触りを思い出しました。
子供のころはゴマちゃんを横に抱いて外を歩くのが夢だった。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-23 17:59

福井といえば恐竜

ニュースの特集で、福井県で恐竜のゆるキャラが登場しました、というのをやっていた。
石川県民の私にとって、福井で恐竜が有名ということは、普通に知っていることなのだけど、
東京での街頭インタビューでは「福井で恐竜??全然イメージないですね」と言われていてびっくり。

しかも「福井県ってどこでしたっけ?」とまで言われていた。

福井といえば恐竜!これ周知の事実じゃないの?
富山といえば蜃気楼と同じくらい有名じゃないの??

国内の8割の恐竜は福井で発掘されているそうです。
数年前に発掘体験で、小学生が本物の化石を掘り出したこともあるんだけどねぇ。
みんな知らないんだねぇ。

テレビで見ていて、福井の恐竜の博物館にがぜん行きたくなってきた私は、帰宅した夫に、
「ねぇねぇ!週末に福井に恐竜を見に行きたい!!」
と誘ったのですが、
「なんで大阪に住んでいるときにわざわざ福井に?3時間以上かけて?
 金沢からだったら近いのに」
と言われたのでした。それもそうだけど!
[PR]
by moonish2 | 2014-02-20 20:37

失恋ショコラティエがおもしろい

自分でもよくわからないが、なぜか失恋ショコラティエにはまっている。
あの石原さとみの、完璧に計算された女子っぷり、ただのバカ女かと見せかけて、
実はジョジョ並みの機転でもって状況を判断し、松潤をメロメロにさせている手口。
あとスローでチョコを食べる美しい口元。

真似したくなって、うっかり「石原さとみ風メイク」で検索したら、
調子に乗って自分撮り画像をネットに乗せてる、かわいそうな女子たちをひっかけてしまい、
なんか憎々しい気分になって、検索するのをやめました。

あと彼女がドラマで来ている服やかばんは意外とチープで、1万以内に買えることが分かった。
私が今持っているどんな服とも合わないテイストのかばんだけど、欲しくなった。

あと水川あさみが松潤のことを可愛さあまって憎さ100倍で、
「あなたってメス犬みたいな女ばかり好きになるのね!!」とさとみ&セフレ(水原希子)をけなして、
松潤からまじで嫌われるシーンは泣いた。
10代のころの私のよう。でも水川あさみはもう30代だから、そろそろ、
さとみ風なあざとさを学習したほうがいい。

もうストーリー的にはくだらないんだけど、なんか面白いんだよねー。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-17 19:48

ああバレンタイン

雪がすごいところもあるというのに、大阪は全然です。
日本なんて狭い国なのに、こんなに差があるなんて、不思議だな。

私は職場でチョコレートを配りまくった。そして夫はチョコを一応もらって帰ってきた。
世の中こうやって±ゼロで出来ている…。
でも値踏みをするわけではないが、今年彼がもらってきたチョコはなかなかひどい。
遊びに来た友人に見せたら、「それたぶん卸で買ってたら100円切っている」
と言われたくらい。
私が職場で払った値段と釣り合わない!(今年はルタオの三角のチョコだった。あげずに私が食べたかった)
なんか納得できない!
2倍返しが基本でも、さすがに200円のものを返すわけにはいかない、このジレンマ。
もう義理チョコなんて滅びて、友チョコの制度だけ残ればいいのに。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-15 19:26

映画感想「レ・ミゼラブル」2012

原作を(一応)読破したので、映画に挑むの巻です。
すごくうまくまとめてあるなぁ!と感心した。
ミュージカル映画としてのほうが、万人受けする作りになっている気がする。
登場人物はより誠実に(特に女子)、感動する場面をピックアップし、歌もいい。

ファンティーヌが売春婦に落ちていったのは、本人の判断ミスのせいもあると
原作読んでいて思ってましたが、映画では受難の女になっていた。
周りのやっかみのせいだけで、彼女には何の非もなく、
「夢やぶれて」を歌うアン・ハサウェイは美しかった。
(調子に乗って高い家具をローンで買うシーンはカットされていたので安心)
永遠の片思い、エポニーヌも痛々しさがなく、献身的だった。
テナルディエ夫人はコミカルで憎めない感じ。

そしてやっぱり、最後に民衆の歌を全員で熱唱するシーンは、最高に気持ちいい。
私は民衆の歌が大好きです。今回映画を見ながら、英語の歌詞を覚えました。

普通のミュージカル映画は、歌は後入れするらしいですが、今回のは全部ライブで歌ってるそうです。
演技をしながら強弱をつけて歌うから、ピアニストが役者の歌のテンポに合わせて弾いてるらしい。
ピアニストすごいお疲れ様。
ラッセルクロウの歌が、こなれてない感じで可愛かった。ええ声。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-14 22:28

今更ジョジョを読みだす

ずっと前に一巻から読み始めたことがあったジョジョ。
グロ耐性ある私が、「グローい」と思ってなんかなじめず、放棄したジョジョ。
夫の勧めに従って、3部から読み始めたら、なんとこれが面白いでやんの!
そして更に夫の勧めに従って、途中で3部を読むのを中断し、改めて1巻から読みだしたら、
これまた面白いでやんの!なんでだろう!
ファンの言うことは無視できないな、と思ったのでした。

なので世間に遅れること10数年、私は今ジョジョにはまっていて、
ことあるごとにセリフを口ずさむウザイ人と化しています。
やれやれだぜ。(←お前がな)
ダウンロードしたラインのジョジョスタンプを使いまくりたい衝動に駆られている。

でも1部でのブランドー父への対し方など、ところどころにレミゼラブルの思い出させる描写があるのだけど、これはオマージュなのかぱくりなのか、悩むところ。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-12 21:30

レスな人々

この間の金沢旅行で、25歳女子が、「実は彼氏とセックスレスである。二年くらいしてない。
彼氏は淡白で自分で処理をしない人なので、最近ついに夢精したらしい」
という激白をして、一同騒然となりました。
一緒にお風呂に入ったり、スキンシップはあるけど、する気になれないらしい。
結婚して子供でもできたならともかく、付き合ってる時点で、しかも20代でレスとか、あり得ないわー。

というのを、男友達に話していたら、
「実は自分もED気味で、レスではないけど、ほとんどない」
とまたもや激白。えええーーとなりました。
確かにそういうがっついた感じがないので、男女間の友情が成立している私たちですが、
あなたもなの?!という気分。
なんかショック。出生率が下がるのも納得できる(子供がいない私が言うのもなんだけど)
みんな疲れてるのかなー…。肌が触れ合うのって大事だと思うけどなぁ。
よくテレビで特集されていることが、本当に身近にあるんだと感じた出来事でした。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-10 19:07


生活に潤いと幕末があればそれでいい


by moonish2

プロフィールを見る
画像一覧

重要なお知らせ

本館が引っ越しました。
新アドレス
http://moonish3.web.fc2.com/

お手数ですが、リンク先の変更をお願いします!!

その他のジャンル

ブログパーツ

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
歴史

画像一覧