<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

読書感想「ジェーン・エア」

孤児のジェーンは叔母と従姉妹の家で養ってもらっているが、意地っ張りの態度ゆえに、
日々虐待されていた。その後、教育施設に送られる。その劣悪な環境で、ジェーンは知識を蓄えて、
やがて教師として自立し、その主人と恋に落ちるが、それは身分違いの恋だった。

エミリーの「嵐が丘」が素晴らしかったので、読んでみました。
美しくも、身分もない、聡明ではあるが、どこか頑なな女性、ジェーン。
嵐が丘の人物が、激情で本能のまま生きているのが魅力なのに対し、
宗教的な戒律を重んじて禁欲的に生きるジェーンの姿に、私はいまいち共感できませんでした。

人物描写も、すごく偏っているし、冷静に欠点を見抜くジェーンの目が少し怖い。
当時の女性から見たら、ものすごく自由に生きているのかもしれないけど、
現代人の私から見ると、ジェーンの生き方は堅苦しく、もっと楽に考えればいいのに…と思わずにはいられなかった。

それにしても、作中の教育施設は、実際の経験を元にして書かれたものらしく、
そう知って読むと生々しくてすごかった。寒い、ひもじい、虐待、の三重苦。
全寮制のあんなところに送られたら、わたし死んじゃう。

ネタバレ
共感できなかったジェーンの行動あれこれ
・ロチェスター氏が妻を隠していたのはずるい行動だけど、彼の側にいてあげたらいいのに。
 キリスト教的にタブーなのだろうけど。
 でも話し合いもされず、置いてけぼりにされたロチェスター氏かわいそ(´∞` )
・老女に物乞いと言われてキレるジェーン。でも物乞いしてたじゃん…。
・農民、学のない人々、フランスに対する偏見。固定観念からくる物言いがちらちらあるのが気になる。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-30 15:59

仕事納め

今年もお疲れ様でした、と偉い先生にすすめられて、手に取ったグラス、
シャンメリーだよね?と思って飲んだら、力いっぱい本物のスパークリングワインだった。
美味しかった・・・。
とがめられたら、無理矢理飲まされたって言おう。
少しアルコールが入るだけで、寒い通路が全然気にならなくなる魔法。
ロシアの人がウオッカ飲むわけだよ!
「ピザ食べる?」はい!!
「チーズ食べる?」はい!!
どの問いかけにも元気よく返事する我々。

仕事納めです。
今年も一年がんばった。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-28 14:24

大河ドラマ「平清盛」感想

最初っから最後まで、視聴率が悪い悪い、といじめられ続けた今回大河でしたが、
作品の出来は「江」より断然上だと、私は思いました。面白かった。
青年期から壮年期、老年期の演じわけを、こんなにも素晴らしく出来たのは、
マツケンの技量ゆえだと思います。特に老年期の権力じじいっぷりは見事だった。

第一話から言っていた「清盛なくして、武士の世はなかった」、が最後に納得できるような、
ぶれのない脚本と演出だったと思います。

一番好きだったのは、璋子と鳥羽院夫婦です。
常に泣いたり、愛したりののしったりしていた、バカップル。
この時代の、天皇やら上皇やら藤原家やら、入り乱れる政治を、このドラマでやっと理解
できたので、学生時代に見ておけたら、もっと日本史が楽だったはず・・・!

随所に取り入れられる、能や唄も好きだった。
「遊びをせむとや生まれけむ」の唄も、好きでよく歌いました。

ていうかよくよく見たら、ヨシヒコに出てるムロツヨシさんが、
平家一門に混ざっていたのですが、どこから見てもメレブにしか見れなくて困った。

平家の権勢も、春の世の夢の如し、ですね。
勝利した義経も頼朝も、その後数年で死んじゃうと思うと、人の世って儚い。

来年は幕末の会津かー!もう予告の方言聞くだけで、泣いちゃいそうなんですけど。

ネタバレ
・ラストシーンはタイタニック。
・今思うと、祇園女御っていくつまで生きたのか、妖怪みたいな役だった。
・藤木直人さん演じる西行、「満開の桜の下で死にたい」て、この戦乱の世に何言ってるの!
 このロマンチスト!って思った。西行さん自身も照れながら読んだ句に違いない。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-27 14:07

サンタのバイト

そういえば、私の友達の旦那さんはイタリア人で、よくチャペルウェディングの神父バイトをしているのだけど、
下記ホテルのサンタの人が、Jちゃんの旦那だったら恥ずかしいな・・・、
と思いつつ、手を振っていたのですが、休み明けに聞いてみたら違ったようです。
ほっ。

でもサンタのバイトは、金髪か白髪じゃないと、歓迎されないらしく、
うちの旦那は黒髪だからやってないよーと言っていた。そんな棲み分けが!

この時期、サンタバイトは保育園などの施設にも現れ、仮装して手を振るだけで、
かなりの日給がもらえるらしいので、とてもお得なのだそうです。
外国人向けの求人によく載っているだそうで。
色んな仕事があるなー。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-26 10:19

とりあえずクリスマスっぽく

ハイアットのクリスマスビュッフェを食べに行きました。
さすがに混んでいて、料理があっという間になくなり、
ウェイターさんも料理人も、バタバタになっていました。
でも美味しかったよ!普段のビュッフェのほうが、凝った料理が多い気がするけど、
まぁ気にしないよ!仕方ないよね!

デザート類は、いつもより充実していて、ブッシュドノエルにショートケーキに
プディングにプリンにクレープにティラミスにアイスに、女性陣はうっとりしておりました。
第2ラウンドだぜ!みんな!

会場にはサンタの扮装をした太めの白人男性がいらっしゃって、子供に飴を配っていた。
外見が、もろサンタ!だったので、私が子供だったら、サンタの存在を信じちゃうな~と思いました。
大人になって、「メリークリスマス」と発音するのは、少し照れる。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-25 11:49

終末的週末

あーどうぶつの森がしたい。
村で雪だるまを作って、出来上がった雪だるま自身に蔑まれる遊びをしたい。
(ぶさいくに作ると、雪だるまが「さいあく・・・」とかってしゃべり出す)

なんかマヤ歴によると、本日をもって世界は終末を迎えるらしいですね。
それってマヤ人のひとが「あ~暦作るの疲れちゃったな。ここまでにしとくか!」
っていう切れ目だったんじゃないの?と思います。
老後のために毎月細々としている貯金を、使い切るまでわたし死にきれない。
クリスマスはホテルビュッフェを食べに行く予定です。

皆様よい三連休を!
[PR]
by moonish2 | 2012-12-21 14:06

年賀状輪廻

年賀状は書き終わったが、きちんとポストに投函する、という使命が残っている。
実は一番の難問がこれだ。
私はよく家を出る時持って行くのを忘れ、鞄に入れておいても、出すのを忘れ
そのまま持って帰ってきてしまうのです。
年賀状輪廻を早く断ち切らねば!

夫のひとはクリスマスに3DSとドラクエ買うぞーと張り切っています。
でも別に私へのプレゼントとかではなく、自分用なので、
わざわざクリスマスに買う理由とは?と思っていたのですが、
ただ単に買う時恥ずかしいからだそうです・・・。ばかじゃないの。
アマゾンでも買えるということを、思い当たらない夫のひと。

夫が使ってないときに、私もちまちまプレイしよーっと。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-20 14:35

仮装の面白さ

クリスマスパーティー無事終了。
動物たちの仮装はなかなかうけて、色んな人に写真を撮られたり、
話しかけられたりして、楽しかったです。

もしかしたら、漫画のキャラクターとかのコスしてる人たちって、こんな気分?
って少し思いました。
普通の格好をしているよりも、人との垣根が低くなって、なんだかお互いフレンドリーになれて、
仮装してる分、自分も大胆になれるというか。
私は特別写真好きでは無いけれど、若い女子は高確率で写真が好きだし。(例:プリクラ)

顔にヒゲを書いたりしたのですが、最近のボディーペインティングはすごくて、
普通の絵の具に見えるのに、乾くと糊みたいにぺろんと剥がれるのです!
ゴム性の樹脂みたいなものが入っているらしい。すごいなぁ!
[PR]
by moonish2 | 2012-12-19 13:37

ホラーゲームプレイ記「零 眞紅の蝶」

見事、「零 月蝕の仮面」をクリアしたので、次は「零 眞紅の蝶」にチャレンジ!
今度は姉妹で迷い込んだ廃村をうろつきます。

責任感の強い妹がカメラを持って霊と戦うのですが、お姉ちゃんは霊媒体質で、
誰もいない部屋で突然「誰か・・・いるよ」とぼそっと言ったり、
しょっちゅう霊に取り憑かれたみたいになり、どっか行っちゃったりするので、
もーー!!なんちゅう世話の焼ける奴じゃ!とぷりぷりしながらプレイしています。

あげくには「澪・・・」と急に話しかけてきて、びびった我々に、「・・・なんでもない」。
ええ加減にせえ!と関西弁で私は思った。

そして洋館だった前作よりも、朽ちた日本家屋である今作のほうが怖い!
少し膨らんだ布団、屏風の隙間、ふすまの向こうの気配、絶対和式のほうが怖い。

しかし「この部屋怖いからもう出たいよう」と泣きを入れる友人に、
「ダメ。このアイテムは強いフィルムだから、絶対に取って!」と言う鬼畜な私です。
引き続きプレイ中。

d0027477_13545068.jpg

[PR]
by moonish2 | 2012-12-18 14:06

スキー場でのトラウマ

友達に一緒にスノボ行かない?と誘われたけど、速攻で断りました。
折角お天気の良いところに住んでるのに、
わざわざ雪がたくさんあるところに遊びに行く意味が分からないよ?

私が雪を見た時の感想は、「交通機関は大丈夫かな?」もしくは「車は動かせるかな?」が70%、
「綺麗だなー」が10%、残り20%は「寒っ」です。

スキー場は都会の人の遊び場だと思います。

小学校の頃、体育の授業が校庭でのスキーで(スキー板を家から持ってくるのが、めちゃめちゃ重い)、
遠足もスキーで、体育の先生が張り切って頂上まで子供を連れていって、
アイスバーンを滑らせたりしていたのが、今でもトラウマなんだと思います。

実家から一番近いスキー場まで、40分くらいで行けると言うと、
スノーボーダーにうらやましがられるけど、自主的に一回も行ったことない。
宝の持ち腐れ。
何事も強制はよくないですね。
[PR]
by moonish2 | 2012-12-17 14:43


生活に潤いと幕末があればそれでいい


by moonish2

プロフィールを見る
画像一覧

重要なお知らせ

本館が引っ越しました。
新アドレス
http://moonish3.web.fc2.com/

お手数ですが、リンク先の変更をお願いします!!

その他のジャンル

ブログパーツ

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
歴史

画像一覧