映画感想「レ・ミゼラブル」2012

原作を(一応)読破したので、映画に挑むの巻です。
すごくうまくまとめてあるなぁ!と感心した。
ミュージカル映画としてのほうが、万人受けする作りになっている気がする。
登場人物はより誠実に(特に女子)、感動する場面をピックアップし、歌もいい。

ファンティーヌが売春婦に落ちていったのは、本人の判断ミスのせいもあると
原作読んでいて思ってましたが、映画では受難の女になっていた。
周りのやっかみのせいだけで、彼女には何の非もなく、
「夢やぶれて」を歌うアン・ハサウェイは美しかった。
(調子に乗って高い家具をローンで買うシーンはカットされていたので安心)
永遠の片思い、エポニーヌも痛々しさがなく、献身的だった。
テナルディエ夫人はコミカルで憎めない感じ。

そしてやっぱり、最後に民衆の歌を全員で熱唱するシーンは、最高に気持ちいい。
私は民衆の歌が大好きです。今回映画を見ながら、英語の歌詞を覚えました。

普通のミュージカル映画は、歌は後入れするらしいですが、今回のは全部ライブで歌ってるそうです。
演技をしながら強弱をつけて歌うから、ピアニストが役者の歌のテンポに合わせて弾いてるらしい。
ピアニストすごいお疲れ様。
ラッセルクロウの歌が、こなれてない感じで可愛かった。ええ声。
[PR]
by moonish2 | 2014-02-14 22:28


生活に潤いと幕末があればそれでいい


by moonish2

プロフィールを見る
画像一覧

重要なお知らせ

本館が引っ越しました。
新アドレス
http://moonish3.web.fc2.com/

お手数ですが、リンク先の変更をお願いします!!

その他のジャンル

ブログパーツ

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
歴史

画像一覧