読書感想「ストロベリーナイト」

主人公姫川玲子は女性警部補。若くして部下を持ち、他の班に出し抜かれないよう、
一つのヤマで真剣勝負をしている。それは過去のトラウマと向き合い、克服するためにも必要なことだった。
ある日、ビニールシートにくるまれた他殺体が発見される。
まるでリンチにあったかのような凄惨な死体が次々とあがり、やがてストロベリーナイトという、
殺人ショーが行われていることが発覚する。

ドラマでもおなじみのストロベリーナイトシリーズ一作目の原作です。
ドラマが好きなので、読もうかなーとかなり前に思っていたのですが、アマゾンの書評が
ひどかったので、とりあえず棚上げにしていました。でも普通に面白かった。

キャラが立った読みやすい文体。テンポよく進むストーリー。
お決まりの悲しい過去を背負った凶器殺人犯。血しぶき。

私は普段本格的な警察ものを読まないので、全然気になりませんでしたが、
そういう層には「軽い!」と受けが悪く、
またドラマで入ったライトな層には「描写がグロい!」と受けが悪かったようです。

作者は書く時に俳優をあてて書いてるらしい。作者予想のキャストも聞きたいなー。
でも井岡はまんま、生瀬さんでした。もう生瀬さんの顔しか浮かばなかった。
原作の井岡は、ドラマ版よりも気が利いた出来るデカです。
もうちょっとドラマにも反映してあげてほしい…。
[PR]
by moonish2 | 2014-01-14 21:46


生活に潤いと幕末があればそれでいい


by moonish2

プロフィールを見る
画像一覧

重要なお知らせ

本館が引っ越しました。
新アドレス
http://moonish3.web.fc2.com/

お手数ですが、リンク先の変更をお願いします!!

その他のジャンル

ブログパーツ

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
歴史

画像一覧