読書感想「聖なる怠け者の冒険」

休業していた森見先生の、久々の新刊。
社会人二年目の小和田君は、土日は何もせずひたすらゴロゴロしたい、自他共に認める怠け者。
だが、京都で活躍する聖人「ぽんぽこ仮面」に後を継ぐように強要され、逃げているうちに、
ぽんぽこ仮面を巡るドタバタに巻き込まれ、怠けられない怒涛の土曜日が始まる。

舞台は京都で、日付は祇園祭の宵山で、いつものやつです。
うーん、森見先生のブログを購読している私としては、彼がすごく頑張って執筆しているのを知っているので、
申し訳ないのですが、面白くなかったです。

連載時から丸々書きなおされ、別の作品となってしまったこの話、登場人物に満足な説明がないまま、
物語がスタートするため、いまいち感情移入できないまま、後半に入ってしまう。
ぽんぽこ仮面が何者で、どういう目的があるのかわかってきてから、やっと全体像というか、
作者の意図が読めてきたけど、それまで長かった・・・。
どこか読者置いてけぼりで、フル回転している印象のある作品。

でも「有頂天家族」的に、ものすごく重要なファクターを含んでいるので、
狸ファンとしては、読んでおいたほうがよいと思う!カエルの兄さん万歳!

随所に出てくる、「○○だから、○○しなければいけないなんて、誰が決めた?」
というフレーズは先生が言ってほしいセリフなのかな、と少し思った。
「小説家だから、書かなければならないなんて、誰が決めた?」
…いや、新作読みたいです先生!!
[PR]
by moonish2 | 2014-01-09 21:09


生活に潤いと幕末があればそれでいい


by moonish2

プロフィールを見る
画像一覧

重要なお知らせ

本館が引っ越しました。
新アドレス
http://moonish3.web.fc2.com/

お手数ですが、リンク先の変更をお願いします!!

その他のジャンル

ブログパーツ

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
歴史

画像一覧